大分 派遣看護師

看護助手・ヘルパーさんが多い職場は看護師の雑務も少ないですよね(^0^)/看護師が看護師業務に専念出来る職場が増えると良いですね!

看護師が看護師としての業務ができるのかどうかは、職場環境によって違います。
職場によっては、雑務もこなさなくてはいけない為、必要以上にハードな所もあります。
例えば、処置道具や検査道具などの洗い物、これはかなり時間がかかってしまいます。
これらの雑務をしていると、患者さんの様子を看る事もできずに、体調不良に気付けない可能性もでてきます。
それに、飲み水を持っていったり、アイス枕を取り替えたりといった患者さんの雑用についても、すべて対応していると、
仕事がなかなか進みません。

 

病院によっては、看護助手やヘルパーさんが充実している職場があります。
このような職場では、看護師が雑務をこなす必要がありません。
オムツ交換でもトランスでも、患者さんの雑用から、医療器具の洗浄まで、すべて看護助手やヘルパーさんの仕事ですから、
看護師は看護師本来の仕事に専念する事ができます。
看護師本来の仕事に専念する事ができると、気持ちに余裕ができますから、患者さん一人一人への気配りも細かくできます。
その結果、患者さんの様子を観察する事ができますから、異変や不調などを早期に発見して治療する事ができます。

 

看護師の仕事というのは、とてもシビアでハードです。
少しでも業務内容を楽にして、看護師としての役割を充実させるには、看護助手やヘルパーさんはとても大切な存在です。
このような職場が増えれば、仕事もスムーズに進みますし、残業などを軽減する事ができます。
そうなれば、ママさんナースなど、プライベートを充実させたい方も働く事ができるのではないかと思います。
それぞれ、仕事を分担する事により、効率が上がりますし、看護師不足の解消にも繋がるのではないかと思います。