大分 派遣看護師

認知症患者800万人時代へ。今後ますます認知症患者が増えると予測されています。生活習慣病の増加、食事の欧米化や運動不足などで今後は認知症の患者さんは増えると予測されています。

長生きするのはとてもいい事だと思うんですけど、最期は誰にも看取られる事なく、孤独な死を迎えるというのは、
なんだかとても辛いですよね。
時々、高齢者の孤独死のニュースが流れていたりしますよね、そのようなニュースを見ると、
とても切なくなってしまいます。
それに、いくら一人暮らしだと言っても、近所の方や市役所の方は、何もしなかったのかな?と思ってしまいますよね。
それに、尋ねてくる家族はいなかったのかな?とか、いろいろ考えてしまいます。

 

認知症というのは、進行してしまうと、家族の名前や顔が分からなくなったり、暑さや寒さを感じなくなったり、
自分の家がわからなくなったり、いろいろな症状が現れますよね。
行方不明になったまま見つかっていないという高齢者は、認知症が疑われる事が多いんです。
認知症というのは、現在400万人いると言われてるんです。
今後、ますます認知症が増加する事が予測されているので、800万人を超えると言われているんですよ。
そうなると、もっと高齢者の孤独死や行方不明者が増えてしまうと思うんですよね。
認知症というのは、生活習慣が大きく関係していると言われてます。
毎日どのような生活習慣で過ごしているかによって、認知症のリスクが違ってくるんですよ。
特に、欧米化の食生活や運動不足は、生活習慣病になりやすくて、認知症のリスクが高くなるんです。
認知症になってしまうと、進行を遅らせる事はできても、治す事はできないんですよね。
だから、認知症にならないように、若い時から生活習慣の見直しする事が大切だと思いますね。
そうする事によって、老後の生活が大きく変わってきます。
健康で元気な老後を過ごす為には、生活習慣の改善はとても大切です。